予約・販売期間:2021年7月1日(木)~10月31日(日)まで
※コンビニ券の利用期間が6月30日となっている券も7月31日までご利用いただけます。

※今後の感染状況等により、内容を変更する場合があります。
「もっと地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン(第2弾)」について

新着情報

  • ホームページをリニューアルいたしました。
  • 旅行会社窓口でのプレミアム宿泊券購入について
  • キャンペーン宿泊割引の対象者の変更について
  • もっと地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン(第2弾)がスタートしました!
  • 【重要】「宿泊代金のうち小学生未満の幼児の取扱いについて」
  • 地元で愉しもう!とやま観光キャンペーンHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

「もっと地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン(第2弾)」利用方法

「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」参加施設はこちら

宿泊プランとは、食事付きの宿泊プランや、その他サービスと宿泊がセットになっているプラン(素泊まりプラン含む)を指します。
宿泊を伴わないプランの場合は宿泊券の利用はできません。
また、ポイント還元やクオカード等の換金性の高い金券類を宿泊プランの内容に含む商品は、割引の対象外となります。
不正が発覚した場合は後日返金していただく場合がございます。

事業概要

第1弾

地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン(5 月1 日~7 月31 日)
※「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」:自発的に感染防止対策を図りながら県内観光を愉しむことで、感染対策に取り組む県内の観光・宿泊事業者を応援するとともに、県民自身も県内の魅力を再発見していただくもの

1 地元で泊まろう!県民割引キャンペーン(宿泊割引)

対象者 富山県民(県内在住者)のみのグループ(1 名でも利用可能)
1.同居の家族
※県内の感染状況がステージ1 に移行した場合には翌日から、「4 人以下のグループ」も対象とする。
対象期間 令和3 年5 月10 日(月曜日)~7 月31 日(土曜日)※8 月1 日チェックア ウト分まで
実施内容 1.旅行会社で宿泊プランを割引販売(5 割引、割引上限5 千円)
2.旅行会社または宿泊施設で使用できるプレミアム宿泊券(2 千円)を半額で販売
(購入枚数に制限なし、支払い時に1 人1 泊5 枚(1 万円分)まで使用可能)
※予算に達した場合、販売終了
販売場所
及び
販売開始時期
1.本キャンペーンに登録されている旅行会社:5 月8 日(土曜日)予約開始
2.県内コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマ ート)
 :5 月10 日(月曜日)10 時販売開始
利用可能施設 本キャンペーンに登録されている旅行会社、宿泊施設

2 地元で遊ぼう!県内日帰りツアーキャンペーン(日帰り旅行割引)

対象者 富山県民(県内在住者)
対象期間 令和3年5月1日(土曜日)~7月31日(土曜日)
実施内容 県内日帰り旅行を割引販売(5割引き、割引上限5千円)
販売窓口 VISIT富山県(県民向け特設サイト)
https://toyama.visit-town.com/local_campaign(外部サイトへリンク)

3 地元で使おう!富山おみやげクーポン券キャンペーン(富山おみやげクーポン券の配布)

対象期間 令和3 年5 月10 日(月曜日)~7 月31 日(土曜日)
実施内容 宿泊割引、日帰り旅行割引の利用者に旅行中に使用できる「富山おみやげクーポン券」
(上限2 千円)を配布
配布条件 旅行代金(割引前)4 千円毎にクーポン券1 枚(千円)配布
プレミアム宿泊券利用2 枚(4 千円)毎にクーポン券1 枚(千円)配布
利用期間 宿泊は宿泊日及びその翌日、日帰り旅行は旅行当日
受取場所 1.旅行会社の窓口で宿泊プランを購入の方…旅行会社
2.宿泊施設でプレミアム宿泊券利用の方…宿泊施設
3.日帰り旅行の方…当日お渡し
利用可能施設等 本キャンペーンに加盟店登録済みの店舗
第2弾

もっと地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン
対象期間:令和3年7月1日~12月31日(ただし、予約・販売期間は10月31日まで)

(※)「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」:自発的に感染防止対策を図りながら県内観光を愉しむことで、感染対策に取り組む県内の観光・宿泊事業者を応援するとともに、県民自身も県内の魅力を再発見していただくもの

1 地元で泊まろう!県民割引キャンペーン(宿泊割引)

対象者 富山県民(県内在住者)のみのグループ(1名でも利用可能)
1.同居の家族
(※)県内の感染状況がステージ1に移行した場合には、「4人以下のグループ」も対象とする。
実施内容 プレミアム宿泊券(額面2千円)を千円で販売(購入枚数に制限なし)
販売箇所:登録旅行会社の店頭、県内コンビニエンスストア
(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)
利用方法 1.プレミアム宿泊券の購入
2.旅行会社の店頭、電話、webサイトで宿泊予約
3.旅行会社の店頭又は宿泊施設での宿泊代金支払い時にプレミアム宿泊券を使用(1人1泊5枚(額面1万円)まで)

2 地元で遊ぼう!県内日帰りツアーキャンペーン(日帰り旅行割引)

対象者 富山県民(県内在住者)
実施内容 日帰り旅行を半額で販売(割引上限5千円)
販売場所
  1. VISIT富山県(県民向け特設サイト)
    https://toyama.visit-town.com/local_campaign(外部サイトへリンク)
  2. 本キャンペーンに登録されている旅行会社

3 地元で使おう!富山おみやげクーポン券キャンペーン(富山おみやげクーポン券の配布)

実施内容 宿泊割引、日帰り旅行割引の利用者に旅行中に使用できる「富山おみやげクーポン券」(上限2千円)を配布
配布条件 旅行代金(割引前)4千円毎にクーポン券1枚(千円)配布
プレミアム宿泊券利用2枚(4千円)毎にクーポン券1枚(千円)配布
利用期間 宿泊は宿泊日及びその翌日、日帰り旅行は旅行当日
利用可能施設等 本キャンペーンに加盟店登録済みの店舗

夏の特別企画(7・8月限定)
1.「もっと愉しもう!宿泊プラン」の販売

対象プラン 「もっと愉しもう!宿泊プラン」
地元食材中心の食事や体験等がついた宿泊プラン
周辺観光施設や飲食店等と連携したセットプラン等
実施内容 通常、プレミアム宿泊券は1人1泊5枚(額面1万円)までのところ、「もっと愉しもう!宿泊プラン」は、10枚(額面2万円)まで使用可能
(※)割引額の上限を1万円に引き上げ
利用方法 1.プレミアム宿泊券の購入
2.旅行会社店頭、電話、webサイトで「もっと愉しもう!宿泊プラン」を予約(1回の旅行で7泊まで利用可能)
3.旅行会社の店頭又は宿泊施設での宿泊代金支払い時にプレミアム宿泊券を使用

(※)「もっと愉しもう!宿泊プラン」の販売により、一層利用を促進するとともに、地域や関連事業者に経済効果の波及を図るもの

2.地元でもらおう!リピート応援特産品プレゼントキャンペーン

対象者 旅行会社でプレミアム宿泊券を額面3万円以上購入した者
実施内容 対象者に5千円(送料込み)の特産品をプレゼント

キャンペーンにおける感染防止に係る取組み

(1)参加宿泊施設の要件
国のGoTo トラベルの参加条件を満たすとともに、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会等が作成するガイドラインを遵守していることを要件とする。
(2)利用者への感染防止対策の徹底
利用される県民の皆さんに対して、特設サイト等において3 密回避や「新しい旅のエチケット」の実践などの感染防止対策を周知徹底します。
(3)県民限定の確認
申込は県民限定とし、住所の確認ができる証明書(免許証等)で本人確認します。

参加施設一覧

宿泊施設

「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」は、順次拡大いたします。
ご利用の前に下記一覧にてご確認をお願いします。

>「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」登録施設 宿泊施設一覧(PDF)

旅行会社

ご利用の前に下記一覧にてご確認をお願いします。

>「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」登録施設 旅行会社一覧(PDF)

「富山おみやげクーポン券」が利用できる施設・店舗

「地元で愉しもう!とやま観光キャンペーン」は、順次拡大いたします。
ご利用の前に下記一覧にてご確認をお願いします。

>「富山おみやげクーポン券」が利用できる施設・店舗一覧(PDF)

コンビニエンスストア

下記のコンビニエンスストア店内の端末で宿泊券を購入できます。
セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン

店頭での購入についてはこちら


コンビニ販売に関してはWEBにて受付可能です。
事前にWebでご予約頂くとコンビニ店舗での手続きがスムーズです。
※コンビニ直接予約の場合は5月10日(月)10:00~となります。

セブンイレブン

※Web予約後セブンイレブンの場合は直接レジへお越しください。

各市町村キャンペーン

当キャンペーンと併用できるかは各市町へお問い合わせください。

「新しい旅のエチケット」にご理解をお願いします

旅行に出かける皆様に、感染防止対策として特にお守りいただきたい内容を旅行者向け「新しい旅のエチケット」として各場面ごとに掲載しています。
ひとり一人の協力で、みんなの楽しい旅を守りましょう。

「新しい旅のエチケット」は印刷してお持ち運びいただけます。
ご旅行の前にご確認いただき、ぜひ旅のお供にお持ちください。

お出かけは、マスクは正しく、こまめに手洗い、三密を避け、感染拡大防止を徹底しましょう。